茶こしに付いた茶葉の取り方。

Tea, 紅茶の楽しみ方, お茶好きのつぶやき, 茶器のお手入れ, Tea Life, Teaware
Share on Facebook
Pocket

茶こしの茶葉

色々なお茶を楽しむには、淹れ方はもちろん、ティーポットや急須などの茶器も、丁寧に扱いたいものです。

  • カップやポットの茶渋のお手入れ
  • 茶葉を収納する缶のお手入れ

この辺は、誰でも気が付きますし、当たり前になってきます。

しかし、今更、人には聞けないけれど、どうにかしたいこともあると思います。

その中の1つに「茶こしに詰まった茶葉の取り方」です。

茶こしに何で茶葉が詰まるの?

まず、茶こしはどんな茶こしを、思い浮かべますか?

  • ティーポットとは別の、茶葉をこす小さい茶こし
  • ティーポットの中にある、丸い隙間
  • 急須に付いている、茶こし

茶こしと言っても、色々な場所に茶こしが付いていたりします。

一番茶葉が詰まりやすい茶こしは、日本茶を淹れる急須です。急須に備え付けられている茶こしは、取り外しができないことが多いです。そこへ、細かな茶葉が詰まってしまうことがあります。

一旦詰まると、いくら水で注いでも、なかなか取りきれません。

 

 

よく注いでも、茶こしから茶葉がとれない時はどうする?

さて、なかなか取れない茶葉を、取り除くのは難しそうです。

急須とは別の茶こしは、お手入れしやすいです。紅茶の用語でいう、ティーストレナーです。個別で洗えるので、詰まった茶葉も取りやすいです。

急須に備え付けの茶こしや、ティーポットに詰まった茶葉は、どうやって取り除けばいいのでしょうか?

  • 歯ブラシを使う手もあります。
  • 以前、つまようじを使ったこともあります(笑)
  • ひたすら注ぎ口から、水を逆流させたりもしてみました。

どうやら、どれも取りにくそうです。

色々試した結果、一番良い方法は、茶葉が乾いてから、取り除く方法です。

取り除くも何も、ただ諦めて一晩たったら、簡単にとれた経験から見つけた方法です。見つけたというよりも、偶然、取れたというのが正直なところです。

茶葉も乾けば、縮まるというわけです。

 

 

 

茶器のお手入れは、茶葉を取り除いてから行おう!

茶こしに詰まった茶葉は、翌日には、取り除くことができそうです。茶渋のお手入れも、茶葉を全て取り除いてから行うことで、よりピカピカになります。

茶渋のお手入れは、茶器を丸ごと、漂白剤につけっぱなしにしたりします。

その際に、茶葉が詰まったままでは、茶葉の周りだけ汚れがとれません。下手をすると、その場で茶葉が抽出され、紅茶色に染まってしまいます。

茶器のお手入れは、全ての茶葉を取り除いた状態が、一番いい方法です。

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

茶渋のお手入れは定期的に落とした方がいい、3つの理由!
お茶の収納は「1つの缶に1種類」が原則の理由!
茶器のお手入れで「酸素系」漂白剤にこだわる理由!
紅茶のシミや茶渋は、酸素系漂白剤で落ちる!
お茶の収納・管理は意外と難しい?!

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Share on Facebook
Pocket