茶葉を袋で保存する方法。

Tea, 美味しい紅茶, 紅茶の楽しみ方, お茶好きのつぶやき, 茶葉の収納方法, Tea Life
Share on Facebook
Pocket

 茶葉を袋で保存

茶葉はいかに鮮度を保てるかが、ポイントです。

せっかく高級な茶葉が揃っても、どんどん劣化していったら、美味しい茶葉とは言えません。茶葉は、開封してからが勝負です。

今までも、茶葉の収納方法を、様々な角度からご紹介してきました。

今回は、袋で茶葉を保存する方法です。

茶葉を袋で保存2

茶葉の特徴を踏まえて、袋で保存する

毎回、茶葉の保存をご紹介する際に、必ず茶葉の特性をお話ししております。

茶葉の特徴は、5つあります。

  1. 「光・直射日光」・・・光に当たらない方法で保存します。
  2. 「湿気」・・・湿気にも気を付けます。
  3. 「酸素」・・・空気に触れると酸化することを知っておきましょう。
  4. 「香り」・・・茶葉は香りを吸収してしまいます(移り香)。
  5. 「温度」・・・一定の温度を保つように心がけましょう。

参照:茶葉の収納方法をチェック!してから、茶棚収納棚を探そう!

上記を踏まえて、自分なりの、袋での保存方法を考えてみましょう。

茶葉を袋で保存1

 

 

ジッパー付きの、丈夫な袋

袋で茶葉を保存する場合は、ジッパー付きがおすすめです。

また、袋は茶葉にとって、丈夫な袋がいいです。

  • 光を通さない袋
  • 香りをシャットダウンできる袋
  • ジッパー付きの袋

ジッパー付きでも、中には、香りを吸収してしまう袋もあるので、気を付けたいところです。

一番いい方法は、お茶屋さんで購入した時のジッパー付きの袋です。そのまま使えますし、何と言っても、袋がしっかりしております。

袋の内側が、密閉されるような工夫をされております。

茶葉を袋で保存5

 

 

ジブロックを活用する。

しっかりした袋と言っても、なかなか普段、個人では手に入るものではありません。

もし、茶葉を保存する、缶も袋もない時は、ジブロックという手もあります。

  • ジッパー無しの袋をそのまま茶葉ごと、ジブロックに入れて保存する
  • 茶葉をジブロックに入れてから、箱などに入れて光を遮断する

ジブロックはご存知、袋の中を密閉状態にすることもできます。ただ、透明な袋なので、光を当てないように工夫するといいでしょう。

また、一度使ったジブロックは、茶葉が切れたと同時に、ジブロックも捨てましょう。例え同じ種類の茶葉でも、新しいジブロックに入れて、保存することをおすすめします。

茶葉を袋で保存4

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

お茶・ティーバッグの収納方法
お茶の収納は「1つの缶に1種類」が原則の理由!
美味しい紅茶の入れ方と茶葉がそろえば、本当に美味しい?
茶葉を保存する缶は、この「内蓋付き」がおススメ!
お茶の収納・管理は意外と難しい?!

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Share on Facebook
Pocket