お茶の文化は、各国ごとに特徴があるから面白い。

Tea, 歴史, お茶好きのつぶやき, Tea Life, 日本茶と海外の関係
Facebook にシェア
Pocket

お茶の文化

先日、初めて茶室に入ってみました。茶室での経験は、色々な事を教わりました。

特に、現代の日本の文化は、この茶室からきている事象がたくさんあることに気づきました。そして、世界を見渡せば、お茶の文化は、その国の文化を象徴しているなぁと、感じました。

今回は、紅茶の歴史にも関係のある、イギリス、フランス、そして日本のお茶の文化をまとめました。

ちなみに、文化とは以下の通りです。

文化(ぶんか、英語: culture、ラテン語: cultura)にはいくつかの定義が存在するが、総じていうと人間が社会の成員として獲得する振る舞いの複合された総体のことである。(Wikipedia

お茶の文化の違い2

紅茶大国イギリスのお茶の文化

紅茶の歴史といえば、イギリスです。

イギリスと言えば、現代でも根強い階級社会の国です。階級ごとにライフスタイルが異なるそうです。今でも、そうなのでしょうか?

紅茶は、イギリスの上流階級の貴族たちの間で、広がりました。

  • お茶にミルクや砂糖を入れる習慣は、イギリスからです。
  • 一日中、紅茶を飲みます。目覚めてから、寝る直前までです。
  • 貴族なので、華やかな茶器にも魅了されたようです。

そのなごりが、「アフタヌーンティー」に見てとれます。あの3段もの軽食?!と、ティーポット&ティーカップでいただく紅茶は、どこか高級感があります。

紅茶大国のイギリスの文化は、貴族中心の紅茶の文化があります。ジェントルマンという言葉は、イギリスの貴族を示す言葉です。紳士的と言えば、イコール英国人を思い浮かべます。

イギリスのお茶の文化は、そのままイギリスの文化と直結しているように感じます。

参照1:英国から始まった「アフタヌーンティー」って、そもそも何?
参照2:イギリスの紅茶の習慣イロイロ?

お茶の文化の違い3

 

 

フランスのお茶の文化

フランスと言えば、華やかなフレーバーティーです。

そして、お茶は抜きにして、フランスと言えば色々な言葉が浮かびます。

  • 香水の国
  • 華やか
  • ファション

フランスは、お年を召されても華やかで、おしゃれなファッションセンスを持ち合わせているようです。

フランスの文化そのものが、フランスのお茶の文化となっている気がします。華やかなファッションセンスや、華やかな香水の香りなどは、まさにフランス流フレーバーティーそのものです。

銀座にも店舗を構える、マリアージュフレールさんはフランスが本店です。だから、パッケージにも凝っているのですね。ティーバッグの箱を開けると、ゴールドが眩しかったりします。

面白いですね。

参照1:マリアージュフレールさんのレストラン&サロンでの、紅茶・お茶の選び方!【Tea散歩vol.2~準備編】
参照2:マリアージュフレール銀座本店さんに行って来ました!!

お茶の文化の違い4

 

 

日本のお茶の文化

日本のお茶の原点は、やはり抹茶です。

抹茶のお濃から始まり、お薄、煎茶などを飲むようになっていきました。 和紅茶も復活しました。今では、日本茶と言っても、色々な種類の日本茶があります。

そして、今の日本の文化は、茶道の影響を受けているようにも思います。全てではありませんが、茶室のあの静かな空間から、見えることもあります。

  • 汲み取る、察する
  • 秩序がある
  • 静かな空間

などなど、一般的に日本の文化と言われていることです。茶室はまさに、静かな空間から、読みとらなければ成立しない部分もあります。

参照1:静かな空間から、汲み取れることはたくさんある。茶室に学ぶ。
参照2:抹茶総まとめ!!「抹茶の歴史」などなど、一気にご紹介します!!

お茶の文化の違い5

お茶の文化は、各国の文化そのものなんですね。

先日、茶室を経験して、ますますお茶や紅茶に魅力を感じました。本当に奥が深いです。だから、やめられないのかもしれません(笑)

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

茶葉のような吸収力を身につけて、自分らしさを取り戻そう!
煎茶には、落ち着かせてくれる効果がある!
お茶・紅茶が身近に感じられる暮らしは、楽しさが広がる!
お茶・紅茶の楽しみ方は、自分のスタイルを見つけて楽しもう!
毎日の生活に密着しているから、「お茶」は楽しくてホッとするのかもしれない。
********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Facebook にシェア
Pocket