ピンチこそ、変われるチャンス!ピンチを味方につけて、這い上がろう!

実現に向けて!, 気づき、感じたこと, 継続・工夫・続ける!, 次のステップへ!, 自己実現
Share on Facebook
Pocket

ピンチはチャンス!

  • ピンチは急に訪れる。
  • 一瞬、この先どうなるのだろう?と不安になる。
  • でも、ピンチはチャンスに変えることができる!

 

急にピンチな状況になっても、チャンスが味方になってくれる。

でも、チャンスも忙しい。

チャンスが味方につきたいと思う相手は、普段から本気で取り組んでいる人だ。普段から、色んな疑問を持ちながらも、とりあえずやり続けている人を、チャンスが選ぶ。

ピンチをチャンスに変えられる人は、普段から頑張っている人だ。

ピンチはチャンス6

ピンチは、今を見直せるチャンスだ!

普段から頑張ってチャレンジしているからこそ、ピンチに出会えるのだ。だから、ピンチに出会っても落ち込む必要はない。

むしろ、喜ぼう!

そしてピンチは「今の状態を変えよう!脱出しよう!」というサインだ。今までの、考え方や方法が自分の中で古くなって、総入れ替えの時期がやって来たと思えばいい。

逆に考えれば、ピンチは「次の一段上のステップに上がっていいよ!」というサインでもある。

せっかくのピンチというチャンスを、逃してはいけない。ピンチは「もうダメだ。」のサインではなく、「一段アップしなさい!」というサインだ。

ピンチはチャンス5

 

 

ピンチは、今までの疑問を解決するチャンスだ!

ピンチの時なのに、「今が変われるチャンス。この機会に、こんな風に変わったら、今まで大変だったことが、スムーズにできるようになる。」と本気で言っている人がいる。

しかも、「今後、更に、最強の組織に生まれ変われるチャンスだ!」と言う。

年明け早々、私が見た景色だ。

最後に、「このピンチは、チャンスと捉えたら、何でもできる」と締めくくった。

私は、ハッとした!

そうだ。ピンチこそ、変われるチャンスだったんだ。

今までやりたくてもできなかったことを、やってみるチャンスだ。ガラリと、変えるチャンスでもある。今までの疑問を、試してみるチャンスでもある。

色んな事を気兼ねなくできるチャンスが、ピンチだ。

ピンチはチャンス4

 

 

ピンチは、これから這い上がっていくチャンスだ!

ピンチは急にやってくる。

ピンチがやってきたら、サッとチャンスに変えよう。考えていたら、チャンスは「この人には必要ない」と思って、他のピンチの人のところに行ってしまう。

考えている時点で、普段からの理想が描ききれていないことになる。

普段から、理想が具体的に描ききれていれば、ピンチが来たら、すぐにでもチャンスを味方につけることができる。今よりも、ずっと良い状況に持っていけるチャンスだからだ。

ピンチは、理想に近づくためにあるのものだ。

チャンスがあったら、「こうしよう」「ああしよう」「もっとこんな風になっていたらいいのに」と、普段から本気で感じることは大切だ。疑問を感じながらも、とにかく前進していく先に、ピンチがある。

ピンチは端から見ると「大丈夫かい?」と思えるシーンだ。

でも大丈夫。チャンスを味方につけて、這い上がろう!

ピンチはチャンス7

今がチャンスだ!

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

夢が大きいと、一つ一つが通過点。
情熱がある人は、次々に自分の夢を実現していく!
何でも楽しんで取り組むと、本当に楽しくなってくる!
「空白の時代に入ったな」と感じたら、思いっきりはいずり回ろう。もうすぐ抜け出せる!!
人は「自分が思い描いている通りになる!」と、実感したお話し。
********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Share on Facebook
Pocket