静かな空間から、汲み取れることはたくさんある。茶室に学ぶ。

Tea, ティーライフ研究家への道, お茶好きのつぶやき, 気づき、感じたこと, Tea Life
Share on Facebook
Pocket

静かな空間から汲み取る

先日、初めて、本格的な茶室でお薄とお菓子をいただきました。

茶室は、思っていたよりも小さな空間で、とても静かでした。茶道は初心者だとお伝えしてあったので、色々とご説明してくださいました。お茶を味わうことより、説明中心という感じでしょうか。

確かに、基本を知らないと、ただ飲んで食べておしまいだ。

しかし普段は、静かな空間で 茶会が進むという。そして、この静かな空間から、茶会にお呼ばれした意味などを汲み取るという。昔から、日本独自の「汲み取る」という習慣があったのだと気づきました。

静かな空間 茶室に学ぶ3

汲み取るには、周囲を見渡す必要がある。

茶室に飾られている、お花や掛け軸などは、お招きする人をイメージしていると言います。

茶会にお招きしたい人を、主催者が決定するそうです。その主催者は、お招きする方の趣向やイメージをお花などで表現していたという。自分の趣向ではなく、相手の趣向という所が、日本人らしいです。

奥ゆかしいですね。

また、掛け軸の文字などにも、意味があるとか。ただ、立派な文字をつるしてあるのではなさそうです。お招きされた方は、今回の茶会の趣旨を、お花や掛け軸で汲み取らなければいけません。

現代でも、雰囲気で汲み取ることが必要なシーンは、たくさんあると思います。

静かな空間 茶室に学ぶ4

 

 

汲み取るは、察するということだ。

お招きされる方は、一人ではありません。

数人茶会に参加できますが、メインでお招きされる人がいます。そのお招きされた方のお知り合いの方々で、茶会に行きます。その際、メインの人と他の人で、座る場所が異なります。

今でも、上座とか使い分けるシーンもあるでしょう。室内だけではなく、乗り物の席順にも上座のようなものがあります。

席順でも、会合の主旨などを汲み取る習慣が、昔からあったということになりますね。

日本の文化は、いかに汲み取り察することができるかが、大事にされてきたのでしょう。茶道を通して、日本の文化が学べるのは、分かる気がします。

また現代は、見えるところ上っ面だけで、物事を決めつけてしまう傾向にあるなぁと、反省させられた気がします。

静かな空間 茶室に学ぶ6

 

 

静かな空間で、五感を研ぎ澄ます。

今回、初めて茶室に入ったり出たりを経験してみて、五感を研ぎ澄ますことは、意外と大事だと感じました。

特にお茶や紅茶を飲む時も、五感で感じて味わうことが大事だと言います。味と香りだけでなく、見たり聞いたり感じることが、一番大事な気がします。

また、静かな空間は、自分をごまかせないと思います。

普段の生活で、茶室にこもることはありません。意外と、茶室のような静かで小さな空間は、自分自身と向き合えるんですね。今の自分の状態が、そのまま見えてくる気がします。

茶室は、心を真っ新にできる空間だと思いました。

静かな空間 茶室に学ぶ5

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

茶葉のような吸収力を身につけて、自分らしさを取り戻そう!
煎茶には、落ち着かせてくれる効果がある!
お茶・紅茶が身近に感じられる暮らしは、楽しさが広がる!
お茶・紅茶の楽しみ方は、自分のスタイルを見つけて楽しもう!
毎日の生活に密着しているから、「お茶」は楽しくてホッとするのかもしれない。
********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Share on Facebook
Pocket