茶葉は、冷蔵庫や冷凍庫で保管しない方が望ましい理由。

Tea, お茶好きのつぶやき, 茶葉の収納方法, Tea Life
Share on Facebook
Pocket

茶葉は冷蔵庫・冷凍庫に入れるべき?

ご自宅で、お茶や紅茶の茶葉を使い始めて、保管方法に迷ったことはありませんか?

色々情報を得たところ、温度が一定で、直射日光に当たらない場所がいいということが分かった。だったら、冷蔵庫や冷凍庫なら、温度も一定だし光も遮断される。

だから、茶葉は冷蔵庫か冷凍庫で保管しておこう!

確かに、茶葉は温度にも光にも、気を付けないといけない。 しかし、一概に冷蔵庫や冷凍庫保管がいいかと言えば、できれば他の保管方法をおすすめします。

どうしても冷蔵庫などに保管する場合は、注意が必要です。

茶葉 冷蔵庫 冷凍庫2

茶葉の特徴を理解しよう。

茶葉は繊細です。

だから色々なことに、気を使わなければいけません。気をつかう主なポイントは5つです。

  1.  「光・直射日光」・・・特に紫外線を浴びた茶葉は、風味が失われます。
  2. 「湿気」・・・水分や湿気を含んだ茶葉は、そのままにしておくとカビたりします。
  3. 「酸素」・・・葉っぱは、摘みとった直後から酸化が始まります。酸素に触れないように、密封保存が望ましいです。
  4. 「香り」・・・茶葉は、周囲の香りを吸収しやすい特徴があります。だからフレーバーティーが存在するんですね。
  5. 「温度」・・・温度は一定の温度で保管しておくのが、望ましいです。

この茶葉の特徴を踏まえた上で、もう一度、冷蔵庫や冷凍庫保管について考えてみましょう。

※参照:茶葉の収納方法をチェック!してから、茶棚収納棚を探そう!

茶葉 冷蔵庫 冷凍庫1

 

 

もし、茶葉を冷蔵庫や冷凍庫保管した場合を想像してみよう。

例えば、大量に購入した5袋ほどの茶葉を、未開封のまま冷凍庫に保管したとします。使っている茶葉が切れたので、冷凍庫保管しておいた1袋目を使うことにしました。

  • まずは、冷凍庫から取り出して、解凍するのでしょうか。
  • 袋を開封して、解凍するのでしょうか。
  • 凍っているまま缶に移して、自然解凍をするのでしょうか。

いずれにしても、解凍していきます。

茶葉 冷蔵庫 冷凍庫4

 

 

茶葉の解凍時の温度差にご注意を!

茶葉を解凍するということは、当たり前ですが温度変化が発生します。

ここで先程の5つの保管ポイントを思い出して下さい。「温度は一定」に保った方がいいはずです。しかし、0℃ほどの冷凍庫から取り出して、常温に解凍していく段階で、茶葉の温度はグングン上がっていきます。

また真夏だと、部屋と冷凍庫の温度差により、袋の内側に露がつきます。茶葉に水分ががついて、湿気を含んでしまう可能性が高くなります。

確かに、茶葉は冷蔵庫や冷凍庫に入っているままなら、温度は一定です。しかし、必ず解凍して常温に戻します。その過程で、急速に温度が変化し劣化してしまう可能性があります。

解凍する時点で、「温度」「湿気」のチェックポイントが崩れてしまいます。

また、今まで冷暗の場所にいた茶葉にとって、部屋の中は明るいです。ずっと冷暗の中にいたからこそ、急に「光」や「酸素」「香り」に触れることになります。

茶葉 冷蔵庫 冷凍庫5

 

 

冷凍・冷蔵していても、劣化は進んでいる。

冒頭でもお伝えしましたが、お茶の葉っぱは、摘みとった時点で酸化が始まっています。

どこへ行っても、酸素はあります。酸素がないと、人間も生きていけないです。茶葉は、酸素に触れて酸化することで、劣化していきます。

また、どんなに密封された茶葉も、賞味期限があります。

美味しくいただける期限は、開封しなくても決まっております。冷蔵庫だから、冷凍庫に保管しているからと言って、いつまでも新鮮な状態というわけではありません。

例えば、お肉や魚も、いつまでも冷凍庫に入れっぱなしだと、劣化していきます。一番いい使い方は、冷凍していても賞味期限内にいただくのが、ベストです。

同じように、茶葉も賞味期限内にいただくことがベストです。

ただし、茶葉の場合「開封前」と「開封後」で、賞味期限の捉え方が異なるので注意しましょう。(参照:茶葉の賞味期限は「開封前」と「開封後」で異なる。

茶葉 冷蔵庫 冷凍庫6

 

 

一番いいのは、こまめに茶葉を購入していく。

色々考えていくと、茶葉はこまめに購入した方がいいことに気づきます。

大体、1袋に入っている茶葉の量は、50g、100g、200g くらいです。どの位の量の茶葉を、どの位の期間で飲み終わるのか、大体の期間が分かるといいでしょう。

  • 約1ヵ月分だけの茶葉を、自宅で保管しておくのが、一番ベストです。
  • 茶葉がなくなる頃、また1ヵ月分の量だけ購入します。
  • 長くても3ヶ月分(多く見積もって半年分)の量の茶葉が望ましいです。

その1ヵ月間~3ヵ月間なら、冷凍せず、密閉された缶や袋に保管しておくといいでしょう。1ヵ月~数ヵ月の前提で、茶葉を缶で保管することを推奨しております。

その都度、新鮮な茶葉を購入するのが、美味しいお茶の入れ方・味わいにつながっています。

茶葉 冷蔵庫 冷凍庫7

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

お茶の収納 管理は、意外と難しい!?同時に開封して、美味しいうちに飲み切るのが一番の贅沢。
お茶の収納は「1つの缶に1種類」が原則の理由!
美味しい紅茶の入れ方と茶葉がそろえば、本当に美味しい?
茶葉を保存する缶は、この「内蓋付き」がおススメ!
お茶の収納・管理は意外と難しい?!

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Share on Facebook
Pocket