常用茶のティーバッグは、まとめて何十個も揃っていると、使いやすいと思ったお話し。

Tea, 紅茶の楽しみ方, お茶好きのつぶやき, Tea Life, ティーバッグ (Tea bag)
Share on Facebook
Pocket

常用茶

先日、我が家に30個のティーバッグが1袋セットになっている和紅茶が、3袋届きました。

30個×3袋なので、全部で90個ものティーバッグが一気にやってきたことになります。一気に90個のティーバッグを揃えたのは、初めてのこと。

数個はミニセミナーで使うとしても、残りの数十個は常用茶として使うことになります。

最初は、こんなに一気に揃えちゃって、大丈夫なのだろうか?という疑問がありました。ところが、自宅で常用茶として使い始めてみると、お茶好きにはとっても使いやすいことが、分かってきました。

%e5%b8%b8%e7%94%a8%e8%8c%b6%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b0%e4%bd%95%e5%8d%81%e5%80%8b4

常用茶としての、個包装のメリット!

私が今まで、好んで揃えていたのが「個包装」されているティーバッグでした。

小さな袋に、1個のティーバッグが入っている、おしゃれな個包装です。確かに、個包装のメリットは、沢山あります。

  • まず、何と言っても保管しやすい。
  • 開封しなければ、1~2年もつ。
  • ちょっとしたギフトにもなる!

例えば、1箱10個入りの、個包装されているティーバッグ。

賞味期限は大体1年後。極端な話し、1ヵ月に1個飲んでも十分美味しくいただけます。賞味期限内に、開封して使えば良いわけですから。個包装になっていると、保管もラクラクです。

個包装3個を、プチギフトにすることもできます。

%e5%b8%b8%e7%94%a8%e8%8c%b6%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b0%e4%bd%95%e5%8d%81%e5%80%8b3

 

 

常用茶としての、個包装のデメリット

ただ、常用茶として個包装を使おうとすると、使いにくいなぁ~と思うこともあります。

  • かさばる!
  • ティーバッグを2個使う時は、扱いにくい。
  • (なんとなく)風味が落ちている気がする。

個包装のデメリットは、何と言っても、保管しずらいことです。意外かもしれませんが、10個の個包装のティーバッグはかさばります。

例えば、ティーバッグ1個に3gの茶葉がセットされているとします。10個なので30gです。ティーバッグではなく、茶葉30gの保管は、1缶で収まります。10袋と、茶葉1缶30gの保管を比べると、10袋はかさばります。

またミルクティーを淹れる時は、ティーバッグを2個使ったりもします。

お湯をカップに注いだら、直ぐにティーバッグを入れて、蒸らしたいものです。でも、個包装だと2回袋を開封します。この間に、お湯の温度が下がります。かと言って、沸騰前に開封すると、茶葉の風味がダウンします。

%e5%b8%b8%e7%94%a8%e8%8c%b6%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b0%e4%bd%95%e5%8d%81%e5%80%8b2

 

 

常用茶に使いやすい、1袋に30個のティーバッグ

今回、1袋に30個のティーバッグ入りを使い始めて、意外と使いやすいことに気づきました!

  • ジッパー付きの袋なので、保管もラク!
  • 2個使いでも、パッと取り出せる!
  • 10個入りよりも、袋からの出し入れがしやすい!(袋が大きいため)
  • 抽出がスムーズにできるし、億劫ではない。
  • 抽出する度に、個包装の袋を捨てる作業も省ける。
  • 何と言っても、茶葉が新鮮に感じる!

使ってみたら、こんなに便利だったとは?!

今までの「ティーバッグだったら、個包装!」という固定概念が、崩れました。

もちろん、使う目的によっては個包装が断然使いやすい時もあります。でも、常用茶として使うなら、断然30個入りなどたくさん詰まっている1袋も、使いやすいです!

何事も、やってみないと分からないものですね。

%e5%b8%b8%e7%94%a8%e8%8c%b6%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b0%e4%bd%95%e5%8d%81%e5%80%8b5

*******************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

お茶・ティーバッグの収納方法
紅茶の「ティーバッグ」と「ティーパック」どっちが正しい?
ティーバッグの歴史は勘違いから始まった!?という面白い事実!
ティーバッグで本格的に楽しむ為の 7つのポイント!
ティーバッグで美味しく抽出できたら、色々と試してみよう!

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Share on Facebook
Pocket