ミルクティーの「ミルクの温度」を変えて楽しんでみよう!今の時期だからできる!

Tea, お茶好きのつぶやき, Tea Life, ミルクティー
Share on Facebook
Pocket

ミルクの温度

秋も深まり、温かいミルクティーが美味しい季節となりました。

ところで、ミルクティーに入れるミルクは、どんなミルクを使っていますか?どのように、ミルクを入れていますか?どのタイミングで、ミルクを入れていますか?

ミルクティーに使う茶葉を変えることで、ミルクティーの味わいや風味は変わります。同じように、ミルクティーに使うミルクも、使い方によっては、味わいも変わってきます。

ミルクティーのミルクは、意外と重要なんですよ!

かつてのイギリスでは、100年もミルクティーの「ミルク」で、論争が続いたくらいです!そのくらい、ミルクは重要なのでしょう。確かに、ミルクの扱い方で、ミルクティーの味わいが変化します。
(参照:130年間も続いた英国「ミルク」論争!「先?後?」あなたはどっち派?(ティー・ウィズ・ミルク問題)

%e3%83%9f%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%83%9f%e3%83%ab%e3%82%af%e3%81%ae%e6%b8%a9%e5%ba%a65

|ミルクティーのミルクは、いつ入れる?

ミルクティーのミルクは、茶葉や目指す仕上がりによって、使い方を変えることがあります。

まずは、イギリスで論争にもなった、「ミルク」を入れるタイミングです。

  • 先にカップにミルクを入れる。
  • 紅茶の後からミルクを入れる。
  • 先にも入れて、後からも入れる。

イギリスの結論は、「先に入れる」です。

先にミルクを入れると、うまく紅茶と絡みます。バランスが良い味わいになります。後からミルクを入れると、コクが感じられます。もちろん、茶葉の種類にもよるでしょう。

先にも後からもミルクを入れると、初めはコクが感じられ、後からバランスの良いミルクティーがやってきます。この方法は、ミルクを入れて、スプーンでかき交ぜない方法です。

面白いですね。

%e3%83%9f%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%83%9f%e3%83%ab%e3%82%af%e3%81%ae%e6%b8%a9%e5%ba%a62

 

 

|ミルクの温度は、どの位?

ミルクティーのミルクの温度は、どの位のものを使っていますか?

私は、ベースの茶葉の種類や、気分などによって、ミルクの温度を使い分けております。先日の【本日の1杯】でも、少しご紹介しました。(参照:ミルクの温度1つで味わいが変化するミルクティーは、面白い!!【本日の1杯】

ミルクの温度は、3パターンです。

  • 冷蔵庫にあったミルクをそのまま使う(冷蔵庫の温度)
  • 常温のミルク
  • 温めたミルク

冷たいミルクは、温度調節にもなります。アツアツの紅茶が苦手な方などに、いいでしょう。温めたミルクは、チャイで煮だしたり、身体を温めたい時に使っております。

そして、常温のミルクは、コクを出したい時に、使うこと多いです。味わい重視の時ですね。

%e3%83%9f%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%83%9f%e3%83%ab%e3%82%af%e3%81%ae%e6%b8%a9%e5%ba%a63

 

 

ミルクのタイミングと温度を組み合わせる!

ミルクティーを作る時、ミルクを「入れるタイミング」と「温度」を組み合わせると、何パターンも楽しめる!

「温度」×「タイミング」

  • 冷たいミルク×先or後
  • 常温のミルク×先or後
  • 温かいミルク×先or後

それぞれ、仕上がりや味わいが異なるでしょう。

そして、プラス「茶葉の種類」が加わります。どんな「茶葉」で、どんな「タイミング」で、どの位の「温度」のミルクを使うのか?色々と味わってみると、面白いですよ!

色々と試せるのは、暑くもなく寒すぎない、今の季節がちょうどいいですよ!

夏は暑すぎて、温かいミルクティーをそう毎日は、飲む気にはなりません。また、とっても寒い冬は、アツアツのミルクティーが飲みたくなるものです。

色んなミルクティーを飲めるのは、今がチャンスです!ぜひ、楽しんでみて下さいね☆

%e3%83%9f%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%83%9f%e3%83%ab%e3%82%af%e3%81%ae%e6%b8%a9%e5%ba%a64

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

ミルクティーの歴史!
130年間も続いた英国「ミルク」論争!「先?後?」あなたはどっち派?
英国式の紅茶テイスティングでは「ミルク」が必須って本当!?
ミルクティーは英国のお陰で世界に普及した!
「ミルクティーブレンド」はミルクティー専用の茶葉

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Share on Facebook
Pocket