お茶・紅茶の「ブランド」と「茶園」について感じること。 

Tea, お茶好きのつぶやき, Tea Life
Share on Facebook
Pocket

お茶のブランドと茶園

  • お茶や紅茶は、販売している「ブランド」が気になりますか?
  • それとも、作っている「茶園」が気になりますか?

お茶や紅茶を購入しようとする時、「あのブランドの紅茶が欲しい!」と思うのが現状だと思います。「あの方が作っている、あの茶園のお茶が飲みたい!」という言葉は、あまり聞きません。

色々とネットで調べてみても、「人気のブランド」という内容のものはよく見かけます。でも、やっぱり「この茶園が人気!」という内容は見かけません。

お茶の生産と販売の水面下での状況は、お茶を楽しんでいる私たちには、正直分かりません。でも私は、「特に日本の茶園は、ブランドの裏側に隠れているなぁ~」と感じる今日この頃です。

%e3%81%8a%e8%8c%b6%e3%81%ae%e8%8c%b6%e5%9c%92%e3%81%a8%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%892

ダージリンは、ブランドより茶園!

インドのダージリンティーは、茶園が前面に出ている!

私がダージリンティーを選ぶ時に一番気になることは、「どこの茶園の茶葉なのか」です。その後に、「どのブランド店から販売されているのか」が気になります。少なくとも、ダージリンティーは茶園が=ブランド化されていると思います。

もちろん、ダージリン好きの方々の間での話だとは思いますが。

ダージリンは大きく分けて年3回の旬の時期をむかえます。旬の時期に登場する茶葉は、茶園名とロットナンバーが必ず明記されています。茶園が中心ということですね。

海外の紅茶やお茶は、茶園名が結構前面に出ています。

%e3%81%8a%e8%8c%b6%e3%81%ae%e8%8c%b6%e5%9c%92%e3%81%a8%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%893

 

 

ブレンド茶は、ブランド店の顔!

ただ、色々な茶園の茶葉をブレンドしている、ブレンド茶葉は店舗ブランドが前面に出ます。

どの茶葉をどの位の配分で仕上げるのかで、ブレンドされた印象も味わいも変わります。フレーバーティーもブレンド茶なので、どんな香りに仕上がるのかは、その店舗ブランドのコンセプトなどにもよるでしょう。

ブレンド茶葉は、その店舗ブランドの顔となります。

少なくとも日本の市場では、ブレンドされた茶葉=人気のブランドという括りが、まだ強い。全体的に旬の茶葉=人気の茶園とはならない。(お茶好きの方の中では、茶園名は必須だと思いますが。)

なぜダージリンは茶園名が前面にあり、日本茶園は裏側なのでしょう?

%e3%81%8a%e8%8c%b6%e3%81%ae%e8%8c%b6%e5%9c%92%e3%81%a8%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%894

 

 

これからの日本の茶園さんは???

例えば、日本のお米は、ちゃんと産地ごとにブランド化されております。

確かにお茶もブランド化されている。でも、「新潟のこしひかり」とか「あきたこまち」などのように、お茶(茶園)は、ブランド化されているというわけではない気がします。お米は主食ということもあり、色んなお米のブランドが認知されている。

日本茶の今後は、どうなのでしょうか?

どんな方法が、茶園さんにとっても、日本で販売している店舗ブランドさんにとっても、お茶を購入する側にとっても、一番いい方法なのでしょうか?

今は、「購入する側=店舗ブランド」の関係が強いと思います。もうちょっと、日本の茶園さんがブランド化されると、お茶が広まる気がしますが、いかがなものなのでしょうか。

茶園さんも前面に出てこられると、またお茶の楽しさも広がる気がします☆

お茶好きの、つぶやきでした。

%e3%81%8a%e8%8c%b6%e3%81%ae%e8%8c%b6%e5%9c%92%e3%81%a8%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8945

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

紅茶好き・お茶好きが「旬」を追いかける 3つの理由。
私がモーニングティーを続ける理由!
毎日の生活に密着しているから、「お茶」は楽しくてホッとするのかもしれない。
お茶は嗜好品。好みも楽しみ方も自由でいいと思う!
感謝は分け合うためにある?!感謝を分け合える関係は、Win-Winの関係に似ている!!

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Share on Facebook
Pocket