見えない部分も感じて読みとろう!見えない部分を、色々な方向から見てみよう!

実現に向けて!, 気づき、感じたこと, 自己実現
Share on Facebook
Pocket

見えない部分も感じよう!

  • 人って、見えることは、額面通りに受け止める。
  • 見えないことに対しては、自分本位になりがちだ。
  • でも、見えないところにこそ、本質的なことが凝縮されている。

 

特に、自分以外のこととなると、見えない部分を勝手に自分本位にしてしまう傾向があると思う。そして、見えている部分だけを、そのまま鵜のみにしてしまう傾向もある。

でも、見えない部分は、その場の雰囲気や状況で、読みとることもできる。見えている部分は、真実ではないことも、あるかもしれない。

見えても、見えなくても、どちらも先入観無しに、読みとることは、とっても大事な気がする!

見えない部分を感じよう2

見えない部分は、見える前に想像してみよう!

先日、自宅の最寄りの駅の、エレベーターに乗っていた時だ。

休日ということ、夏休みということ、そして花火大会があったということで、駅の中はいつもより混雑していたと思う。平日の朝とか、特定のいつもの時間というわけではなかったので、老若男女で溢れかえっていた。

そんなに大きくないエレベーターの中に、3列ほどギッシリ人で埋まっていた。

私は、エレベーターの中間ほどの位置で、エレベーターのドアの方向を向いて立っていました。私の前にお年寄りの方お二人が、ドア前におりました。そして、エレベーターの奥の方・私の後ろには、いかにも「急いでいるんですけど!」という方が、お一人で、そわそわしながら立っておりました。

エレベーターが目的地に着き、ドアが空いても、先頭にいるお年寄りの方が、なかなか降りない。ペースが遅かったんです。

でも、私も含め他の方々は、お年寄りの方なので、ゆっくりどうぞというムードでした。しかし、いかにも急いでいた方は、奥から人をかきわけ、お年寄りの方のすぐ横を急いで走っていきました。

その際に、お年寄りの方の杖・ステッキが、カランコロ~ンと落ちたんです!

そこで、私も含め他の方も「あっ、杖をもつくらい、脚が悪くてペースが遅かったんだ!」ということに、その時に気づきました。

見えない部分を感じよう6

 

 

見えない部分にこそ、真実が詰まっている!

エレベーターに乗っている時は、どんな方が乗っているかは、誰でも見える距離だった。要は、肩から上の方は、エレベーターのどの位置にいても、見えるくらいの大きさのエレベーター内でした。

ただ、ギッリシ人が乗っていたので、足元は見えない部分でした。

急いで降りて、お年寄りの方の杖を落としてしまった方は、その時に「はっ!」とした表情になり、杖を拾ってお年寄りの方に、謝っておりました。

この場面だけ見ると、「急いでいた方が悪い。」ことになる。確かに、ココだけ切りとると、悪い。

でも・・・こんな状況って、いつでも起こりうるのではないか?と思ってしまった。今回は公共の場で起きたこと。でも、自分自身を振り返ると、見えない部分は自分本位に考えてしまいがち。ただ、公共の目に触れないだけで・・・

そんなことが一瞬、頭をよぎった。

見えない部分を感じよう4

 

 

見えない部分を、勝手に決めつけない!

例えば、マイナスのこと。
マイナスのことって、自分自身のことも、他の方のことも、そのままインプットされてしまうように思う。「~は、ダメだって!」「あの方は、こうらしいよ~」とか、マイナスなことは、そのまま鵜のみにしやすい。

先程の急いで杖を落としてしまった方は、もしかしたら、人生を左右するスゴイことに挑む、直前だったのかもしれない・・・?!

例えば、プラスのこと。
エレベーター内のお年寄りの方は、元気よくお二人で会話をされていた。「元気で、健康的なお年寄りだ!」だから、早く歩けるでしょう!

また、成功し続けている方に対して、「何かコネがあるのでは?」と思うかもしれない。でも実は、コツコツ何十年も、積み重ね続けているのかもしれない。

見えない部分を想像するときは、想像する方の考え方・生き方が、そのまま反映されてしまうと思う。

見えない部分を、読みとる力が必要。見えない部分を読みとるには、日頃の自分が試される。いつも考えていること。いつもの思考回路。意識。生き方。

物事は、自分本位に勝手に決めつけては、真実が見えてこない。素直に、何故あの方は何十年も、成功し続けられるのか?と学ぶ姿勢の方が、百倍も大事だと思う!!

見えない部分を感じよう1

見えない部分を、色々な方向から見てみよう!

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

自分にしかできないことを突き詰めていった結果、みんなの笑顔が浮かぶアイデアにはエネルギーがある!!
壁にぶつかってからが勝負!
「1つの軸となる活動」が見付かると、良い連鎖がはじまる!
悔しさをバネに!!
自分の課題をしっかりとらえる!
好きな事だからやっている!

********************

【ブログ著者/「Tea 散歩」運営者情報】
ティーライフ研究家 服部孝江

・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報
・Tea散歩グループとは?→Tea散歩始めます!

********************

◆「Tea 散歩」グループでは、いつでもメンバーを募集しております。

Tea散歩ヘッダーブログ用1-2

・詳細はコチラ
「Tea 散歩」始めます!!
Tea散歩を「公開」グループに変更します。

********************

【Tea散歩・ご参加方法】

◆Facebook上の、検索機能を使います。

Tea散歩投稿参加説明1

  1. 「Tea散歩」と入力します
  2. 検索します
  3. 「グループに参加」のボタンを押します
  4. 承認されるのをお待ちください☆

Tea散歩投稿参加説明3

Share on Facebook
Pocket