水出し緑茶の作り方!!コツをつかんで、美味しい水出しを楽しもう!

お茶好きのつぶやき, Tea Life, アイスティー, 緑茶, お家で Cafeレビュー
Share on Facebook
Pocket

水出し緑茶の作り方!

簡単で失敗が少ないのが「水出し」!
水出し緑茶の作り方は、そのまま水に茶葉を数時間、入れておくだけなんです!しかも、緑茶の美味しい成分だけが抽出されるので、本当に美味しいですよ☆夏のお供にピッタリです☆

初めての方でも、簡単!

  • お湯を沸騰させ冷ます
  • 冷ました水に、茶葉を入れます
  • 数時間待てば、できあがり!

これだけです!でも、やっぱり初めて作る時は、疑問がでてきたり、迷ったりするものです!「本当にこの作り方でいいの?」「あれ?これはどうするの?」と・・・

私もそうでした!!何かヒントを得ていただければと思います。

水出し緑茶の作り方の疑問を解決して、美味しい水出しに出会えると良いですね☆

水出し緑茶の作り方8

水出し緑茶の作り方!必要なもの。

  • 緑茶の茶葉
  • (茶パック)
  • ストック用の容器

これだけです!

茶葉は、高級茶葉を用意する必要はありません。お茶屋さんで購入した、緑茶なら何でもOKです!ただ、抹茶などブレンドされているような茶葉よりは、シンプルな茶葉がいいでしょう。

茶パックは、よく100枚50円などで販売されている、茶パックを使っております。水出し用の容器に付いている、茶こしを使ってもいいと思います。

水は、意外かもしれませんが、水道水を使います。

ストック用の容器は、できれば耐熱用の容器をおすすめします。(耐熱用の容器でなくても、ちゃんと作れますよ。)

 

 

水出し緑茶の作り方。「まずは水の準備編」

ご家庭で、毎日、仕込んでストックするなら、水道水の方が使いやすいです!でも、ただ、蛇口からでた水道水を、そのまま使うわけではありません。

私は、一度「沸騰」させます。

 

▼そして、耐熱用の容器に入れて、常温になるまで冷まします。

水出し緑茶の作り方1

先日30℃越えの時にも仕込みました。数時間で、常温に冷めましたよ。耐熱用ではない時は、冷めてから容器に移します。

水の準備は、これだけです。

ちなみに!
ペットボトルなどのミネラルウォーターは、水出し用に合う水がありませんでした。あるにはありますが、わざわざ水出し緑茶を作るためだけに、お取り寄せになります。

時間と手間がかかりますし、水が切れたら、水出し緑茶も作れません。水道水なら、作りたい時に、作りたい分だけの水を使えば良いですよね。毎日のことですから!

 

 

水出し緑茶の作り方。「茶葉の準備編」

▼茶葉は、茶パックに入れるだけです!

水出し緑茶の作り方2

 

 

▼包みます。

水出し緑茶の作り方3

 

ここでポイント!【茶葉と水の量の関係】
「水1リットルに対し : 茶葉10グラム」と単純に覚えておきましょう!細かいことを覚えようとして、忘れるよりは、1リットル&10グラムがいいですよ!これは、紅茶でも同じ割合です。

そして、最初は「1リットルに対し、10グラムの茶葉」を使ってみましょう。500mlなら5グラムです。

そして、作った水出しを飲んでみると、「もうちょっと濃い方が自分好み!」とか「ちょっと濃すぎた!」「ちょうどいい!」など、分かってきます。これは茶葉の細かさや、種類などによって、味わいが違うからです。

もし1リットル:10グラムが、薄いと感じたら、茶葉を12グラム使ってみたり、調整していきましょう!

 

 

水出し緑茶の作り方。「抽出編!」

水が常温になったら、いよいよ抽出です!(茶葉の準備は、抽出前に準備をします)

 

▼抽出といっても、準備した茶パックを入れるだけ!

水出し緑茶の作り方4

 

水出し緑茶の作り方5

難しいことは、1つもありません!ただ一つ!冷めきっていない水から抽出すると、渋み・雑味が出やすいです。常温になってから、抽出を始めましょう!

 

ここでポイント!【抽出時間】
緑茶の水出しの抽出時間は、「3~5時間程度」です。最初は、4時間、5時間と味見をしていきましょう。ちなみに私は、冷蔵庫に入れて6時間くらい抽出しております。(ちなみに紅茶は8時間前後です)

 

▼抽出が終わってみると、均一でないことが多いです。

水出し緑茶の作り方6

 

▼軽く混ぜると、均一になります。

水出し緑茶の作り方7

 

味が整ったところで、茶パックを取り出します。ここ意外と重要です。茶パックを入れたままでは、衛生上よくありません。また、茶パックを思い切り絞るのもNGです。

そして、茶パックを取り出してから、できれば24時間以内に飲み切りましょう!

 

 

水出し緑茶の作り方のポイント!まとめ

  • 水は一度沸騰させた、水道水
  • 緑茶の茶葉は、シンプルな茶葉がいい!
  • 水1リットル : 茶葉10グラム の割合。 
  • 水が常温になってから、抽出を開始する。
  • 抽出時間は、3~5時間程度。
  • 時間が来たら、茶パックは取り出す!
  • できるだけ、24時間以内に飲みきる!
  • 味わってみて、次回、もう少し美味しくなるように、作り方を調整する。

作り方の調整とは、味わいによって「茶葉の量」「水の量」「抽出時間」を変えてみることです。自分好みに仕上がるように調整していきます。

この夏は、水出し緑茶の作り方をマスターしよう!!

********************

【水出し用茶器】

ハリオ かご網付き 水出し茶ポット 1,200ml ダークグリーン HCC-12DG


ハリオ フィルターインボトル 750ml オリーブグリーン FIB-75-OG

 

【緑茶の茶葉】

◆静岡の両河内茶/グリーンエイトさん
・HP:静岡の両河内のお茶グリーンエイトさん

 

JAかごしま茶業 ちらん茶畑午後3時 300g

********************

【来月のミニセミナー 2016/7/9】

お申込み詳細はコチラ→アイスティーを楽しもう♪

7.9ミニセミナー募集素材9-2

********************

【こんな関連記事もいかがでしょうか?】

茶農家の魂が込められている静岡県「両河内茶」!
甘みの余韻が広がる「緑茶の水出し」。
今朝は、茶葉を多めに使った水出し緑茶!!
新茶の水出しで、緑茶の「甘み&旨味」を贅沢に味わいました!!
「水出し緑茶」は水に緑茶を入れて放置するだけ!!

********************

【ブログ著者情報】

ティーライフ研究家 服部孝江
・プロフィールはコチラ→服部孝江プロフィール
・お仕事のご依頼はコチラ→お問い合わせ
・毎月のセミナー詳細はコチラ→セミナー情報

Share on Facebook
Pocket

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。