プロフィール&お茶との出会い♪

Facebook にシェア
Pocket

セイロン紅茶専門店でゲット4

【プロフィール】

服部孝江(はっとり たかえ)

ティーライフ研究家
・お茶のある生活をより楽しく、より健康的に自分らしく過ごすための追求。
・お茶の楽しさを広める活動。

◆Tea散歩開催!
・毎月Tea散歩も開催!目指すは、月数回!(活動の様子はコチラ→Tea散歩の活動の様子

セミナー開催!
・毎月セミナーを開催(セミナーの様子はコチラ→セミナー情報

資格
・2012年4月 ティーアドバイザー取得(日本紅茶協会)

お仕事のご依頼はコチラ
取材・執筆・セミナー・講演など

私が、お茶に興味をもった理由 & お茶を広める理由!

ティーライフ研究家への道はコチラ→「ティーライフ研究家への道~History~」
・「ティーライフ研究家」として前進している様子が垣間見える、History!

 

【お茶との出会いプロフィール】

お茶との出会い2

【あれ?何で?】

生まれて初めてお茶に興味をもったのは、

「なぜお茶は入れる人によって味が変わるんだろう???」と思った時です。

それが一番顕著に現れていた場面が、親戚同士が祖母の家に集まっている時でした。

祖母の家ということもあり、初めは祖母がお湯のポットから急須に直接お湯を注ぎ、

20人近く集まった親戚の一人一人に緑茶や番茶を注ぐ習慣がありました。

ある程度時間が経つと、祖母は料理の準備に取り掛かるので、

自分たちでお茶を淹れたり、他の人が自由にお茶を淹れたりしてました。

 

気が付くと、大抵、私の母親が祖母の代わりにみんなのお茶を入れる係り?!になっています。

今思うと、お茶好きの母親は淹れ方にこだわりをもっていたので(美味しい入れ方を知っていたので)

自ら淹れる立場になりたかったのでしょう。

しかし、ちゃんと美味しく淹れるには、

「飲みたい!」と思ってから自分の口に入るまでに待ち時間が必要でした。

祖母をはじめ殆どの親戚たちは、お菓子などでいっぱいになった口の中を早くスッキリさせたいという

思いが強く、お茶の味はどうでも良かったんだと思います(笑) 水でも何でも良かったのかも?!(笑)

でも私の一つ年下の美味しいもの好きのいとこは、私の母親が淹れるお茶は美味しい!と言っていました。

私は、自分の家で淹れてもらうお茶の方が美味しいなぁ~と思っていました。

 

しかし、同じお茶なのに何でこんなに違うんだろう?

同じ環境で淹れているのに、何でこんなに違うんだろう?

どうして、自宅で淹れてもらうお茶は、美味しいのだろう?

これが、私がお茶に興味を持った瞬間でした。

 

【引越の荷物にお茶道具?!】

同じお茶なのに、味が違うのだろう?と思いながらも、自宅でのお茶ライフは続きました。

そして、学生として上京することになった時、引越の荷物の中に

“急須と湯呑と茶葉”も他の荷物と一緒に入れました。

確か、急須は母親が自宅にある急須の中から選びながら「この急須で飲めば美味しい」と言っていました。

 

当時は、当たり前の事のように、お茶セットをもって上京しましたが、

今、振り返ると、「一人暮らしをする学生に、普通にお茶道具をもたせるかなぁ?」と疑問です。

でも、当時の引越の荷物の中にお茶道具があったことは確かです。

お茶との出会い4

 

【紅茶との出会い】

上京してからは、専ら日本茶を好んで飲んでおりました。

昔ながらのお茶屋さんに行って、緑茶や番茶などを購入していましたし、

たまにスーパーでも大きな袋に入っている玄米茶なども購入していました。

 

ある時、デパートの中の一画に、お茶がたくさ~ん並んでいるお店を発見しました。

入ってみると、「今日の試飲茶です」と言われ、カップを手渡されました。

とっても美味しい試飲茶でしたし、置いてあるお茶も数えきれないほどあり、ワクワクしたことを覚えております。

何度も店に足を運んでは、スタッフの方のお話に耳を傾け、色々なお茶を試していきました。

そのお店は、主に紅茶を取り揃えていましたので、私が試すお茶も必然的に紅茶ばかり!

直ぐに、紅茶の虜になりました。

 

今まで日本茶しか知らなかった

(実際には、リプトンなどのティーバッグ紅茶は飲んだことはありましたが、あまり興味がなかった)のですが、

日本茶以外にも、こんなに沢山の美味しい紅茶があることに感動していました。

 

【もっと紅茶が知りたい!】

いつの日か、紅茶の勉強をしたい!と思うようになりました。

当時、考えた方法は2つ。

①資格を取る(ティーインストラクター)

②実際にお店で働く

 

①資格を取る

調べました。1年間通い続けて、試験をパスしたら資格がもらえる!

しかし、実際に通うには、お金もかかりますし、何といっても時間が合わない。

平日のお昼過ぎから夕方まで。仕事をしている私には、無理な話でした・・・

しかも、定員は100名。

毎年100名以上の応募があり、抽選で100名が決まるのです。

そう!申し込んでも確実に通える保障はどこにもありませんでした。

 

でも、土日の休日にちょこちょこ開催されている講座を受講し、

1か月4回通えば誰でももらえる、ティーコーディネーターの資格をいただくことができました。

そこで、更に、「もっと知りたい!勉強したい!」と思うようになり、

それから5年以上も経ってから、実際に紅茶専門店で働くことになりました。

②実際にお店で働く事も、実現させました。

お茶との出会い5

「百聞は一見に如かず」

店舗での経験は、振り返ると本当に貴重な時間だったと思います。

ただ、茶葉を販売するのではなく、敢えて抽出体験ができるレストランを選びました。

最初は、茶葉の種類、名前、香り、味など・・・覚えるのが大変でした。

実際に自分で買って、自宅で淹れてみたり、まかない茶を味わっては、

あれ?自分が淹れた味とは違うなぁ~とか、色々自分なりに研究していました。

 

その会社で行う研修も活用させていただきました。

お茶の歴史から種類、淹れ方など、色んな事を学ぶことができ感謝しております。

また、本店のレストランということもあり、ティースクールの会場も同じビルにあり、

一般の方と一緒に受講させていただいたこともあります。

そして、何といっても、紅茶好きのスタッフの方々に恵まれたことにも感謝です。

恐らく私たちの紅茶に関する会話を聞いていると、何を言っているのか分からない程だったと思います。

とにかくにも貴重な経験だったことは、間違いないです!!

 

【ハーブティー・中国茶・台湾茶・・・そして再び日本茶!】

あと運が良いことに、今まで紅茶を中心としたお茶しか扱っておりませんでしたが、

ちょうど私が紅茶専門店で働いている時に、

紅茶も、日本茶も、中国茶も、台湾茶も、ハーブティーも統合され、

まさに世界中のお茶を扱うお店になりました。

更に新いしお茶に出会うこともできましたし、改めて日本茶の美味しさも実感することもできました。

 

日本茶のフレーバードティー(例えば、日本茶に栗の香りづけしたお茶等)にも触れることになり、

お茶に制限はない!自由に、自分が思うがままに飲んで楽しめる!と思いました。

本当に、貴重な経験をさせていただきました!

ありがとうございます!

 

【やっとの思いで!】

一通り経験し自分で納得した後、紅茶専門店をあとにします。

その後も、他のお店に行ったり、自分で色んなお茶を試す生活は続きました。

ちゃんと勉強もして、お茶を提供する立場にもなってみましたが、

それでも、やっぱり「ちゃんとした資格も欲しい!」という思いは消えませんでした。

 

2010年のある時、

偶然、お昼の時間しか開催されていないティーインストラクターになる為の講座が、

翌年から夜の時間も開催されることを知りました!

しかも、定員は昼の時間100名。夜も100名。いつもの2倍!

この時間なら行ける!

直ぐに、説明会に申し込みました。

この講座を受講する為には、2回ほどの説明会に参加しないと、受講する権利がありません。

説明会では、およそ200名弱の方が参加されていたので、

抽選会をするまでもなく、全員受講資格があるとのこと。

あとは、お金を振り込むだけ!という時に、体調不良。

(体調不良は、Exerciseのヨガの紹介でお話ししようと思います。)

主催者の方と電話で相談もしましたが、2011年度の講座は断念しました。

 

体調が戻りつつある時に、ティーアドバイザーの講座もあることを知りました。

3ヶ月通って、試験を受けて合格したら取得できます。

主催者側によると、

ティーンストラクター:お茶全般の知識と美味しい紅茶の淹れ方をマスター

ティーアドバイザー:淹れ方の技術は習得していないがお茶に詳しく、販売技術をマスター

とあります。

ここで、勝手に思ったことは、

淹れ方は既にマスターしている!販売技術って何だろう?

 

結果、このティーアドバイザーを受講することにしました。

受けてみて感じたことは、今までとは違う方向からお茶を見ることができて良かった!ということ。

紅茶の知識はもちろん、お茶に関する法規、マーケティング、

コーヒー専門店の社長さんの講義など・・・

今までと一味違った角度から「お茶」を感じることができた事です。

コーヒー専門店の社長さん。実は当初はその会社のスタッフさんが講義をする予定でしたが、

予定が合わず?社長さん自ら講義をしてくれました。

この社長さん(女性ですが)、コーヒー豆の国際審査員にも選ばれており、とても印象的でした!

 

結果、2012年4月に無事にティーアドバイザーの資格を取得することができました。

ティーアドバイザー資格

 

【これからのMy Tea Life】

これからは、お茶について発信できるようになっていきたいと思います。

私が遠回りをして、時間をかけて学んだお茶について発信し、みなさんとシェアし合えれば幸いです。

ひとつひとつのお茶を購入して、試行錯誤しながら自分で試すのには、時間がかかります。

もし、私が発信することで、直ぐに解決できたり、お茶に関わることで人生が楽しくなれたりしたら、

本当に嬉しいです!

 

私も、まだまだ、お茶について分からな事だらけです!

もっともっと学んで、日本のお茶についても世界中の方々に何らかの形で発信していけたらと考えています。

ティーインストラクターの資格取得も諦めていません!(笑)

その為には、「百聞は一見に如かず」!

実際に、世界中の農園をめぐり、世界中のCafeもめぐって、お茶について学び、

皆様のお役に立てればと思います。

 

最後まで読んでいただき、お付き合いいただき、

ありがとうございましたm(__)m

 

あなたの「Beautiful Tea Life」応援しております ♪

Facebook にシェア
Pocket

2 comments

  • お茶の探し物をしていて、ブログに出会いました。
    上京する際に「この急須で飲めばお茶がおいしい」と言って、持たせてくださったお母様のエピソードが素敵で、コメントを残させていただきます。
    お茶は優しさですね。

    • コメント、ありがとうございます。
      確かに、お茶は優しさかもしれません。作る人、淹れる人が優しい気持ちだと、味わいも優しくなりますね。
      優しいコメントを、ありがとうございます!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は読めませんので、ブロック対象となります。ご注意ください。